副業を始める

「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」のエラー対処法【サーチコンソール】

coverage-error-index-tag
ミンゴ
ミンゴ
サチコのnoindexタグが…ってエラーが消えないのよ。
パカパカ
パカパカ
「サーチコンソール」通称サチコね。(言いたいだけだな…。)
ミンゴ
ミンゴ
これ大丈夫なのかしら…。

こんな疑問を持っている方へ、私も「Googleアドセンス」を申請する際に「Googleサーチコンソール」に登録したところ、しばらくして「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」というエラーが1件でました。

原因は、申請の際に登録した「Google XML-Sitemaps」というプラグイン設定のせいでした。この記事ではGoogleサーチコンソールのエラーの対処法を紹介します。修正はとっても簡単です。

Googleからのメール

mail

このメールが来たら「何かヤバいかも」と思いますよね。【カバレッジの問題を解決する】をクリックしてサーチコンソール画面へ移動します。

エラーの確認

coverage coverage-error

エラー1件の問題があり、詳細を見るとメールの通り「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」の通知があります。どのページにnoindexタグがついているか、エラーをクリックすると出てきます。今回は「sitemap.html」のようです。

noindex-html-sitemap-picture

XML-Sitemapを修正

google-xml-sitemap

これが原因の「Google XML Sitemaps」。自動でGoogleにサイトマップ を送ってくれるので大変重宝はしています。このプラグインを有効化した際の、元々の設定でエラーが出てしまっているので、そこを変更します。WordPlessから「設定」→「XML-Sitemap」をクリックして、下の画面に進みます。

xml-sitemap-uncheck

もともとチェックがある「HTML形式でのサイトマップ を含める」のチェックを外して「設定を更新」をクリックすれば完了です。

ミンゴ
ミンゴ
原因はこれだけだったのね。
パカパカ
パカパカ
そう。あとはサーチコンソールを開いて「修正を検証」をクリックしたら修正完了だよ。
verify-the-fix-picture
設定変更のやり方

【WordPress画面】
「設定」→「XML-Sitemap」→
「HTML形式でのサイトマップを含める」のチェックを外す→
「設定を更新」をクリック。
【サーチコンソール画面】
「修正を検証」をクリック→
1週間ほどで完了通知が来る。

ミンゴ
ミンゴ
後は待つだけね。エラーが無くなってよかったんだけど、結局どういうことだったの?
パカパカ
パカパカ
じゃぁ、簡単に説明するね。

noindexタグが追加されている図解

noindex-commentary
パカパカ
パカパカ
今回のエラーは、XML-Sitemapで『sitemap.htmlページも含めて登録してください』とGoogleにお願いしたのに、そのページには「登録しないでください」って書いてあるので、どう言うことだ?となってメールが飛んできたんだ。
ミンゴ
ミンゴ
だから「sitemap.html」を登録してください、と言う内容のチェックを外したのね…納得。

ちなみに「xml.sitemap」はGoogleの検索エンジンにサイト内のページを伝える地図みたいなもので「html.sitemap」はブログの訪問者にサイト内のページを伝える地図みたいなものです。

もっと記事数が増えてサイト構成が複雑になってきたら、WordPressのプラグインでsitemapを作ると分かりやすくなります。

ミンゴ
ミンゴ
今回はここまで、またねー